クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

クイズマジックアカデミー2
備忘録

(4)予習

  ここでは、「クイズマジックアカデミー2」に関する、様々な事柄を記述していきます。
  特に断り書きがない場合、基本的に
    「本作」=「クイズマジックアカデミー2」
    「前作」=「クイズマジックアカデミー」
    「ロケテスト」=「クイズマジックアカデミー2のロケテスト」
  です。


予習

  全国トーナメントを行う前、16人1組の対戦カードが決まるまで、予習という名目のクイズができます。
  予習は基本的に6問1セットです(ゲーセンの設定で、問題数が異なる場合があります)。途中で召集がかかり、6問終了前にクイズが中断される場合もあります。
  予習の累計得点は、マジックエッグ(またはマジックペット)の属性に関わってきます。
  予習は全国トーナメントをプレイ時に、最低1セットは遊べるようです。大体は2セット目の形式を選択している最中〜3セット目の途中で終了し、トーナメントが始まります。
  予習はクイズに触れられるだけでなく、正解を積み重ねることで、決勝戦で選択できるクイズ形式を増やすことができます。階級が上がるほど、増やせる形式は多くなります。
  「予習」という割に、間違えた問題の解答が表示されないので、予習にならない場合があります。
  予習時に「個人情報閲覧」を選択すると、プレイ記録を閲覧することができます。ただし「個人情報閲覧」は予習1セット分を消化したものと見なされますので、予習を1問も遊べない場合があることをご注意下さい。この観点から、「個人情報閲覧」は予習を1セット遊んでから選択することを推奨します。
  予習の合格点は階級により異なります。合格点は次の通りです。

修練生40.00点
初級魔術士40.00点
中級魔術士50.00点
上級魔術士50.00点
大魔導士60.00点
賢者以降70.00点


クイズ形式の増え方

  各ジャンルの一番上に位置する形式で、何度か「合格」をすると、次の形式がオープンします。
  次の形式をオープンするには、最上位の形式で合格することが必須です。予習で「○×」を何十回合格しても、「四択」で合格しなければ、次の「連想」はオープンしません。
  前作では、「ノンセクション」のジャンルを全く選ばなくとも、他の5ジャンルの形式を全て出現させることでノンセクションの形式はオープンしました。しかし本作では「ノンジャンル」は別個のジャンルとして確立されています。

最初からオープン
「1.○×」「2.四択」



修練生以降にオープン可能
「2.四択」2回合格→「3.連想」出現



初級魔術士以降にオープン可能
「3.連想」2回合格→「4.タイピング」出現
「4.タイピング」2回合格→「5.四文字言葉」出現
「5.四文字言葉」2回合格→「6.並べ替え」出現



中級魔術士以降にオープン可能
「6.並べ替え」3回合格→「7.キューブ」出現
「7.キューブ」3回合格→「8.エフェクト」出現
「8.エフェクト」3回合格→「9.順番当て」出現



上級魔術士以降にオープン可能
「9.順番当て」4回合格→「10.ランダム1」出現
「10.ランダム1」4回合格→「11.ランダム2」出現



大魔導士以降にオープン可能
「11.ランダム2」5回合格→「12.ランダム3」出現
「12.ランダム3」5回合格→「13.ランダム4」出現



賢者以降にオープン可能
「13.ランダム4」5回合格→「14.ランダム5」出現

  この項目に関しまして、XOG 2 U - クイズマジックアカデミー2特集ページを参考とさせていただきました。



☆について

  ☆は各形式、「☆☆」の状態から始まり、予習をこなすことによって「☆☆☆」→「☆☆☆☆」→「☆☆☆☆☆」と変化します。☆の数が多い形式ほど、難問が出題される傾向にあります。
  一見すると5段階ですが、最初から「☆☆」なので、実質4段階です。
☆の増え方
「☆☆」→「☆☆☆」合格2回
「☆☆☆」→「☆☆☆☆」合格3回(計5回)
「☆☆☆☆」→「☆☆☆☆☆」合格5回(計10回)

  この項目に関しまして、XOG 2 U - クイズマジックアカデミー2特集ページを参考とさせていただきました。


予習形式を全て開くまでに必要な合格数

◎1ジャンル
  2回×4 + 3回×3 + 4回×2 + 5回×3 = 40回
  1ジャンルにつき、最低「40回の合格」で全形式がオープン。


◎全ジャンル
  6ジャンル × 40回 = 240回
  全ての形式をオープンするには、最低でも「240回の合格」が必要。


全ての形式を「☆☆☆☆☆」にするまでに必要な合格数

◎1ジャンル
  14形式 × 10回 = 140回
  1ジャンルにつき、最低「140回の合格」で全形式が「☆☆☆☆☆」となる。


◎全ジャンル
  6ジャンル × 140回 = 840回
  全ての形式を「☆☆☆☆☆」にするには、最低でも「840回の合格」が必要。


(1)プレイ料金・カード(2)キャラクター・名前入力&タイピング・先生・寮・貢献度
(3)クイズジャンル・形式(4)予習(5)予選・決勝
(6)EXポイント・メダル・階級(7)記録閲覧
(8)加点システム(9)マジックエッグ・ペット



クイズマジックアカデミーのトップへホームページへ戻る