スクールオブクイズ超問クイズ!Q&Qアンサーズクイズやさしいねネプリーグクイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽ湘南写真館鎌倉殿の13人

善児の活動記録(07)

#22「義時の生きる道」
  • 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に登場するオリジナルキャラクター、善児の活動内容を記述しています。


場面+ 北条時政の館
曽我十郎・曽我五郎の曽我兄弟が北条時政を訪ねてきた。時政の妻・りく同席のもと、曽我兄弟は工藤祐経を仇討ちすることを打ち明ける。時政は五郎の烏帽子親であることもあり、兄弟の仇討ちに協力することを約束する。

場面1 北条時政の館の庭
曽我兄弟が部屋を出ると、庭の茂みに善児が潜んでいた。

場面+ 梶原景時の館
梶原景時が北条義時を呼び出し、曽我兄弟が謀反を企んでいることを伝える。曽我兄弟の企てが祐経の仇討ちだけにとどまらないことを、景時はすでに掴んでいた。


時期
西暦1193年(建久4年) 5月


今回の被害者
なし


善児の裏の顔について知っている人物

北条義時 → 善児[千鶴丸殺害の実行者。源義経を藤原泰衡に殺させる策の協力者]
仁田忠常 → 善児[北条宗時の暗殺(未遂)を目撃(容姿を知るのみ)]
三浦義村 → 善児[八重を殺そうとした者。自身にも斬りかかってきた]
畠山重忠 → 善児[北条宗時を殺害したのではと疑っている]
梶原景時 → 善児[伊東祐親・祐清親子の殺害を命じる。上総広常誅殺の補佐をしてもらう。曽我兄弟の謀反の情報収集をしてもらう]
(静御前は行方知れず。藤原泰衡、八重は死亡)


私の個人的なメモ


善児の活動記録
(01)#01「大いなる小競り合い」
(02)#05「兄との約束」
(02+α)#07「敵か、あるいは」
(03)#09「決戦前夜」
(04)#11「許されざる嘘」
(05)#15「足固めの儀式」
(06)#20「帰ってきた義経」
(07)#22「義時の生きる道」
(08)#24「変わらぬ人」


大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ファンサイトのトップ / トップページ