スクールオブクイズ超問クイズ!Q&Qアンサーズクイズやさしいねネプリーグクイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽ湘南写真館鎌倉殿の13人

善児の活動記録(01)

#01「大いなる小競り合い」
  • 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に登場するオリジナルキャラクター、善児の活動内容を記述しています。


場面1 伊東の館
北条義時が伊東祐清に、源頼朝が書いた八重宛の手紙を渡そうとするが、祐清は「別の用事で頭がいっぱいなのだ」と、八重に直接渡すよう義時に伝える。 義時が部屋を出ると、伊東家の下人・善児とすれ違う。
  善児「善児にございます」
義時は、善児が祐清の部屋に入るのを見た後、八重の部屋へと向かう。


場面2 伊東の館の庭
  善児「やは〜!」
  善児「千鶴丸様、善児と一緒に川遊びをいたしましょう」
  善児「善児が、川で魚を捕ってあげまする」
  善児「さあ、まいりましょう、まいりましょう」
  善児「うわ〜!」
義時が八重の部屋を出ると、善児が頼朝と八重の子・千鶴丸を川遊びに連れて行く姿を目にする。一見、楽しそうな様子だが、祐清は険しい顔をしながら2人を見ていた。


場面3 河原
義時が北条館へ戻る途中、河原で善児を見かける。善児は手に千鶴丸の服を持っているだけで、千鶴丸の姿は消えていた。 善児は義時に対して取り繕う様子もなく、そのまま歩き去る。状況から、義時は千鶴丸が殺されたことを察する。


時期
西暦1175年(安元元年)


今回の被害者
千鶴丸(1人目)


善児の裏の顔について知っている人物

北条義時
善児が千鶴丸を殺害したことを状況的に察する。

伊東祐親
善児を下人として使っている。千鶴丸の殺害を命じる。

伊東祐清
善児に千鶴丸の殺害を直接指示する。


私の個人的なメモ


善児の活動記録
(01)#01「大いなる小競り合い」
(02)#05「兄との約束」
(02+α)#07「敵か、あるいは」
(03)#09「決戦前夜」
(04)#11「許されざる嘘」
(05)#15「足固めの儀式」
(06)#20「帰ってきた義経」
(07)#22「義時の生きる道」
(08)#24「変わらぬ人」


大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ファンサイトのトップ / トップページ