クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

アイドルマスター
プロデューサー日誌 その15

ナムコのアーケードゲーム「iDOLM@STER」に関するプレイ記です。


2005/08/20(17-19)


<メール>
「Re:Re:春香ピンチです!」:また春香からの間違いメール。春香が転んで、ケータイが壊れたかもしれないと父親にメールを送ったところ、「いつも転んでいる」と冷たくあしらわれたことに対する返事のメール。あ〜、だから私の所にしょっちゅう間違いメールが届く訳か。つかメールが違う人の所に届くような壊れ方って、かなり無理があるな。それってお父さんに直してもらうんじゃなくて、買い換えろよ。


第17週(残17週)

<オフィス・朝>
 挨拶:「おっはよっ」→あずさ「お元気」でテンションアップ。あずさの方はいいのだが、律子のテンションが普通の状態になっている。初期の頃はそうでもなかったが、そろそろ律子のテンションに気をつけるようにしないとまずくなってきた。
 衣装を変更。頭部を「ねこみみ」から、第14週の時にファンからもらった「舞踏会アイマスク」に変更。パピヨンマスクを着けたあずさ曰く「この衣装、ちょっと変わってますね。」いや、ちょっとどころじゃない。こんなマスクを着けて喜ぶあずさはともかく、真顔のまんまの律子も怖いものがある。パラメーターの方は、記述にあった通りダンスがアップ。ねこみみを外したのでボーカルが下がったのは分かるのだが、何でビジュアルまで一緒に下がるんだろう。感覚的に理解はできるけれど。

<レッスン>
 「表現力」→「グッドレッスン」
 パピヨンマスクを着けたことでパラメーターが若干目減りしたので、ビジュアルアップを行う。今回、表現力レッスンでは初めてグッドレッスンを記録。いつもは辛口の律子も「この感じを忘れずに頑張ります」と殊勝な心がけ。両者テンションアップはありがたい。

<コミュニケーション>
 ラジオ(ゲスト出演):律子
 ラジオの公開録画の前半が終わったところ。器用な律子らしく、慣れないラジオ出演も上手くこなしていたように見える。後半も気を抜かないように注意したところ、怒気を含んだ調子で「言われなくたって、やってみせますよ」と返してきた。穏やかそうにしていた律子がいきなり怒り出したので面食らう。ん〜、上手くこなしていたようで、精神的にカリカリしているようだな。その後も「頑張って損したかも....」「肩が凝った....」「話題の展開が早すぎ....」と、次から次へと愚痴が飛び出す。この調子じゃ、前半と同じペースでやってちゃもちそうにないな。今のうちに、DJに対して注文を入れようかと律子に問うたところ、途端に顔を明るくし「助かります」と喜びだした。あ、あれ、律子から面と向かって礼言われるの慣れてないから、ちょっと照れるな。DJに注文を入れたところ、後半は律子もしゃべりやすくなり、公開録画は上手く行った。
 判定:「グッドコミュニケーション」(思い出:+2/03):何か今回のコミュニケーション、あっさり終わった感じ。まぁグッドコミュニケーションだったから良いか。

<オフィス・夜>

  • ファン人数:13万2256人
  • ファンからのプレゼント:スキーのグローブ(108)


第18週(残16週)

<オフィス・朝>
 挨拶:「おっはよっ」→あずさ「マネしちゃ」でテンション維持。

<レッスン>
 「ダンス」→「ノーマルレッスン」
 久々に大失敗。グッドレッスンを狙おうと、1つ目のレッスンをハイペースでクリアしようとしたところ、焦ってミスを連発しタイムオーバー。2つ目以降は全て、ダンスパネルが3枚しか出なくなり、ゲージが全然伸びない。かろうじてノーマルレッスンに乗せた状態。
 そんな感じで不調なレッスンに終わったものの、イメージレベルがLv7→Lv8にアップ。着実に力を付けているのう。

<コミュニケーション>
 ある日の風景3:あずさ
 あずさのプライベートなお買い物に付き添う。あずさは「つき合わせて済みません」と恐縮していたが、いい息抜きになると返しておく。「そう言われると助かります、疲れさせてしまうかなぁと思って」と、相変わらず心配性な面を見せる。いやそんなに気を遣わなくていいのに。
 今回のお買い物は携帯電話。最新のものを購入。あずさにとって携帯電話は、楽しいことを運んでくれる大事なものの様子。「友美から電話がかかってくると....」と、またまた友美さん(会話に)登場。あずさの親友(マヴダチ)について触れると、あずさと友美さんは、中学から短大までずーっと一緒だったという。ほぅ、それはマリみて大好きの私には萌える話だ。その友美さんとは今でも電話で話すことがあるそうで。そこまで話して、あずさは私が電話を全くかけないことに言及し始めた。私、メールや電話といったコミュニケーションツールって、面倒臭いから極力使わないんだよなぁ。それでもあずさは、退屈な時があったら電話くださいと言ってきたので、リップサービスで「朝までトークしましょうか」と返答。するとあずさは「以前、朝まで電話をしたところ、それが響いて仕事中にアクビばかりしていた」とのこと。しまった、あずさは睡眠魔神だった。「9時くらいまでは起きている」とのことなので、まぁそのうち気が向いたら電話でもするか。
 判定:「ノーマルコミュニケーション」(思い出:+1/04)

<オフィス・夜>

  • ファン人数:13万2923人
  • ファンからのプレゼント:真珠のネックレス(063)


第19週(残15週)

<オフィス・朝>
 挨拶をする前に、律子のテンションの減りが凄まじい状態になっていて仰天する。テンション普通の状態だが、ゲージはギリギリの状態で、いつテンション低に落ちてもおかしくない状況。う〜ん、休ませることも視野に入れないとまずいか。
 挨拶:「おっはよっ」→あずさ「大声は迷惑」でテンションダウン。あ〜、テンションダウンか〜と見ていると、あずさのテンションの減り幅が大きくなっていてまた仰天。やばっ、この辺りになってくると、テンション調整って結構重要そうだ。
 若干不安もあったが、まだ週に余裕があることを考慮し、この状況下でオーディションを受けるとどんな感じになるのか、試しに受けてみる。

<オーディション>
 全国の1万人・3枠。Dランクアイドルになったので、もうEF限定は選べなくなっていた。
 会場へ向かう途中:「実力を出せば何とかなる」
 他の受験者レベル:8,7,7,7,7(自8):全員Dランク。判断が付きかねるが、ライバル5人のうち、2、3人は人間が操作している模様。それにしても、全国1万人ってもっとレベルが低いかと思っていたら、Lv7以上のユニットばかりなんで血の気が引いた。思い出を温存することも考えていたが、温存なんかしたらまず勝てないな。
 審査員とのやり取り:あずさ「ダンスには自信あります」→「大変良いお答え」でテンションアップ。
 直前のやり取り:「絶対勝てます」→あずさ「うう困ります」でテンションダウン。ホント何言ってもテンション下げるな。
 テンション:あずさ・高、律子・普通
 第1回中間審査。思い出を使用し、スロットは半々ながらも何とかグッド。しかしアピールがガタガタ。あまり調子が出ない。結果2-3-5で☆5個獲得。
 第2回中間審査。思い出を使用したものの、バッドを出し失敗。これが響き、結果は6-5-4で☆−1個。現在☆4個で合格圏外。アピール状態も滅茶苦茶だし、これはもう負けたかな〜とブルーな状態。
 最終審査。無駄遣いに終わるかも知れないが、思い出を使用してグッドを出す。その後はボーカルに集中させようと思っていたが、ボーカル審査員の興味がかなり少ない状態。誰かジェノサイドを狙っているのかと思い、ボーカルを捨ててビジュアルとダンスに絞る。すると途中でボーカル審査員が帰り、敗色濃厚だった私に光が射す。結果は2-3-xで、☆5個獲得。もともとボーカルでの☆獲得は0個だったのでノーダメージ。それでも☆9個では厳しいか。
 結果発表。かろうじて3位に滑り込み合格。助かった〜。ボーカル審査員をジェノサイドしてくれた人に感謝。今回勝てたのは単にラッキーだっただけ、ということは自戒しておきたい。実質負け試合だし。やっぱりオーディションは、万全の状態で受けないと厳しいな。
 テレビ出演。苦労の末に合格したものの、舞踏会マスクで歌い踊るあずさと律子を見て、やるせない気持ちになる。やっぱヤダなコレ。ちなみに今回、ついに歌詞ど忘れ、転倒共に0回のノーミス。代わりにカメラミスが3回発生。キラキラが4回発生し、初めてアクシデントの回数を上回る。
 (思い出−3/ストック01)

<オフィス・夜>
 テレビ出演後、あずさ、律子のテンションが大幅にアップしていたのは助かる。
 あずさへのファンレター。「岩手/迫みかん」さん。「初めてファンレター書きました。テレビでしか会えませんがいつも応援しています。」初めてのファンレターがあずさとは、目の付けどころが良いな。岩手県の純朴そうな一ファンが書いたファンレター、きっとあずさの心に響くだろう。

  • ファン人数:14万3613人
  • ファンからのプレゼント:あずさへのファンレター


 はぁ〜、今回はテンションのアップダウンに振り回された感じだったな〜。FやEの時は、テンションの上下幅がこんなに大きくなかったと思ったんだが、Dになったから変わったのだろうか。オマケにオーディションも、1万人増やすだけでえらい苦労したし。D→Cへのランクアップ、簡単では無さそうだ。



蝶サイコーな状態のDランクアイドル・三浦あずさ
やっぱりコレ、見てる方が恥ずかしくなって、せつなくなる


うちわキャンペーンのラスト、
元気いっぱい黄色バージョンをゲット
雪歩を「元気いっぱい」に含むのには違和感あるけど


アイマスうちわ、全5種コンプ


14 / 15 / 16



アイドルマスター ファンサイトへホームページへ戻る