クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

アイドルマスター
プロデューサー日誌 その8

ナムコのアーケードゲーム「iDOLM@STER」に関するプレイ記です。


2005/08/05(23-24)


 前回、オーディションに不合格となったことで、ランクEでの活動終了を決意。しかし決意をしたものの、この鬱状態で日を改めるのは精神衛生上悪すぎる。次回を待っていられないので、初めて連プレイに突入。あずさのお別れコンサートを成功させること、日を空けたら変に気負っちゃいそうだし。


第23週(残0週)

<オフィス・朝>
 活動最終週ではあるものの、いつもと変わらず「おっはよっ」と挨拶。「大声は他の方に迷惑」とテンション減。上手く行かないものだ。
 社長から、今日中にランクUPできないと引退だと言われたが、もう覚悟はできている。

<レッスン>
 オーディションを受けず、歌詞レッスンを選択。見事な内容で、パーフェクトに近い「グッドレッスン」。今までで最高の伸び。最後の最後で、こんな充実したレッスンができるとは皮肉なものだ。

<コミュニケーション>
 「ミーティング」。最後のコミュニケーションとなるが、いつもと変わらず過ごす。
 あずさから、大切な相談があるという。そういえば、あずさから「恋愛(はぁと)相談」というメールをもらっていたので、相談内容を聞く前に「恋愛相談ですか?」と聞いてみる。しかし「そういうのは、プロデューサーさんに尋ねることでは....」と頭っから否定。おめぇ、メールで恋愛相談持ちかけといて、何で否定するんだよ。相談内容を聞くと、朝食がトーストとコーヒーなのだが、栄養がどうとかで力が出ないとか。かといって、アイドルが食事の量を増やすのはどうかということで、どうしたらいいかという。あずさは「168cm/48kg」でこのプロポーションだから、確かに食事量を増やすと、体型にすぐ反映されそうな気はする。しかしアイドル活動自体で相当カロリーを消費しているだろうから、消費した分を補う必要がある。気にしすぎじゃないかと指摘し、少しくらい量を増やしても大丈夫と諭す。しかし、あずさは食べ過ぎるとすぐ眠くなり、下手をすると昼過ぎまで寝てしまい、仕事がある日に二度寝しては大変だという。じゃあ量を増やすのではなく、朝食を和食にしてみてはと提案する。「それが一番ですね」と返答したものの、暗い顔。もしかして料理、苦手なのか? と思って聞いてみると、料理を作ることは大丈夫だが、何を作ろうか長時間考え込んでしまうという。和食は、あずさの朝には不向きな様子。あ〜、んじゃもう、ご飯とトースト、一緒の朝食にしろ。
 はぁ〜、あずさとのコミュニケーションは、ちっとも上手く行かない。こういうちっとも上手く行かないやり取りこそが、実は楽しかったんだがな。これが最後か。
 結果は「ノーマルコミュニケーション」(思い出+1/ストック01)。

<オフィス・夜>
 画面上にデカデカと「アイドルランクUP 失敗」の文字。
 あずさは事態を分かっていないようで、次の仕事について話をした後、帰っていった。
 あずさが帰った後の事務所で、社長から、プロデュースが次回で終了となることを告げられる。覚悟していたとはいえ、ズシリと来る。私がもっとしっかりしていれば、あずさをもっと上のランクへ押し上げることができただろうに。
 あずさには、次の朝、引退の旨を直接伝えることになった。って、アレ? 確か今朝、社長はあずさがいる前で「今日中にランクUPできないと引退だ」って言ってなかったっけ? まぁあずさのことだから、右から左へで、自分の引退だと理解していなさそうだが。
 活動最終週にファンレターが届いた。「宮城/ぽちょ」くん。
   諸君 私は三浦あずさが好きだ
   諸君 私は三浦あずさが好きだ
   諸君 私は三浦あずさが大好きだ
   ありとあらゆる三浦あずさが好きだ
ぽちょくん、君はガ板住人のようだな。「諸君 私は〜が好きだ」スレに、ぜひ続きを書いてくれたまえ。てか最後に受け取るファンレターがコレかよ。

  • ファン人数:7万2336人
  • ファンからのプレゼント:ファンレター


第24週(活動停止決定)

<オフィス・朝>
 寂しげなBGMが流れる中、あずさに対し、活動停止を正直に切り出す。「それは引退のススメですか?」と問い返してきたが、私の手を離れ、別のプロデューサーのもとでアイドル活動を続ける道もあると伝える。引退するにしろ別のプロデューサーのもとで活動を続けるにしろ、私のもとで活動する最後の記念碑として「お別れコンサート」を計画中である。コンサートを成功させて、アイドル史に伝説として名を刻んでみせる、と啖呵を切る。
 コンサート会場選定。5千人収容のライブハウス(成功率95%)に決定。アイドル史に伝説として名を刻むには、ちょっと厳しいかなぁ。しかし1万人収容の市民ホール(成功率70%)は、お別れコンサートを初めてプロデュースする身としては、成功できるか若干心細い。それに、あずさとの思い出、少ないからなぁ。
 衣装は最初の時から変わらず、「キュート&ガーリー」の「サンフラワー」。
 アクセサリーは「お姫さまティアラ」「銀のペンダント」「派手な宝石」「うさアンクル」と、ゴージャスかつ可愛さを強調。つか変えてないだけなんだが。
 ラストソングは、デビュー曲の「蒼い鳥」。持ち歌の「9:02PM」と迷ったものの、私的には「蒼い鳥」が好きだし、お別れコンサートのラストにはピッタリの曲かと。

<お別れコンサート直前>
 お別れコンサート当日までの数日、考え込むあずさの姿が目立つ。この機会にいろいろ決めなければと言っていたし、あずさは何かを決めることに対して、長々と考えるタイプである。今回のお別れコンサートは、あずさ自身の転機であるから、悩むのも当然か。
 コンサート当日。開演1時間前、社長が慌ててやってきた。あずさがふらふらと会場の外へ出て行ってしまったという。ラストコンサートは大丈夫かと社長が心配しているのを尻目に、会場外へ出て、あずさを探す。
 あずさは案外すぐに見つかった。しっかしステージ衣装で会場外にいると、えらい目立つな。ファンに見つかっていたら騒ぎになっていたところだ。あずさはラストソング「蒼い鳥」に対して、今の気分だとプロデューサーが選んだのよりピッタリの曲があると言ってきた。えぇ〜やっぱり「9:02PM」の方が良かったのかなぁ。それはさておいて、「私にとっての幸せって、なんだろう」「人気は新人の時より少し上がったくらい」「もうすこし、ダンスうまくなれれば」と、ラストコンサート直前で暗い話の連発。トップに立てないままアイドルの区切りを迎え、アイドルを続けるのは自身のためなのか。一人の女性としての幸せも大切に考えないと....などなど悩みごとを一気に噴出。こんなあやふやな状態でお別れコンサートに立っていいのか、歌っている途中で素の自分に返ってしまうのではないか、そんな恐れを吐露。マイペースはマイペースなりに、色々考えているもんだ。しかしステージに立つことすら止めてしまえば、数は少ないが、ファンへの裏切りになることを指摘。しかしあずさは、頑張らないといけないとは分かっているが、集中できない、弱気になっていると、暗い顔のまま。しまった、説得失敗か。

<お別れコンサート>
 思い出の数:「4x1 +2x2 +1x11 -1x1 = 18」。18か。う〜ん、少ないなぁ。
 お別れコンサートのシステムは、ファンのボルテージを最高潮にすることが目的。プロデューサーとして初のお別れコンサート、果たして上手く行くのか。
 ラストソング「蒼い鳥」の演奏開始。ゲージは最初から95%溜まっている状態からスタート。直前の会話をミスしていた印象があったのだが、テンションが高い分でカバーしているのか、ゲージは微妙に増減するのみで、常に高い位置をキープ。これは何もしなくても成功すると判断し、ホッと一息。終盤あたりまで「蒼い鳥」に聴き入る。そして残り6小節になった段階で思い出を発動。4個一気に消費して全good状態のスロットにタッチ。成功確定のラストソングを盛り上げ、ゲージが100%に到達。これで成功間違い無しと、調子に乗って思い出スロットを回しまくっていたら、最後の最後でbadをタッチしてしまい、最後の最後でアクシデント発生。曲の一番最後で、あずさがドタッと転倒。あずさ、スマン。
 最後でコケたものの、お別れコンサートの結果は当然、大成功。

<評価>
 あずさから、話があるという。女の子との最後の会話の前に、社長から私へのプロデューサー評価が伝えられた。

  アイドルイメージ:012/100
  ファン人数   :012/100(増加000)
  オーディション :014/100(増加002)
   5勝(62%)
  アイドルランク :016/100(増加002)

 トータル16点か。高いのか低いのか、よく分からんな。
 会場の外に出ると、あずさとの最後の会話。ファンの人達は家に帰った頃だろうと話した後、もっと大きな会場でも平気だったかも、と強気な発言。安全策を第一としたが、確かに、市民ホールでも良かったかな。まぁそれは結果論だ。
 あずさは今後どうするか尋ねると、これからもアイドルを続けていくことに決めたという。歌うことが自分の幸せであり、ラストソングでファンから力をもらったから、恩返しとして、いつかステキな引退ライブを開きたいという。どうやら「一人の女性としての幸せ」は先延ばしになったか。まぁ、あずさみたいなノンビリ屋には、やはり長期スパン、5年くらいかけてトップアイドルになって欲しいものだ。
 最後に、あずさは私に対し、おわびを言ってきた。自分のようなマイペース人間をアイドルとして育てることは苦労したであろう、と。まあ、確かに。しかし、今となってはいい思い出だ。そんな風に返すと、甘えすぎていたことを反省して、暗い顔に。あ〜、すぐにそういう顔をする。暗い顔を払拭できないかと、どっか遊びに行こうかと誘ってみるが、また明日からのアイドル活動へ向けて、ここでサヨナラした。
 あずさは暗い顔で去る、随分味気ない別れ方。まぁ、このレベルじゃ、こんな感じの別れ方だよな。文字の上では「暗い顔」と表現されてはいたが、それでも最後は笑顔でお別れできて良かった。
 もしかしたら、お別れコンサートで泣いてしまうかもと思っていたが、それは無かった。あずさと「涙のお別れ」は似合わないな。でも涙腺はちょっと緩んだ。あずさは、きっと次のプロデューサーのもとで、トップアイドルとしてステップアップするだろう。

  あずさからの評価:「D」:025/100(増加009)
  プロデューサーレベル: Lv1 見習い → Lv2 駆け出し
  プロデューサー評価:「D」

 「/100」が気になっていたものの、100溜まらなくてもプロデューサーレベルがアップしてホッとした。この「/100」って、合計すると100点満点になるってことなのかな。
 ところで、プロデューサーレベルがアップしたからなのか、プロデューサーカードへの書き込み時間が、いつもと比べて長いような。
 1枚目終了時のアクセサリー数/022個


 GO TO NEXT PRODUCE


 /  / 



アイドルマスター ファンサイトへホームページへ戻る