クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

アイドルマスター
プロデューサー日誌 その4

ナムコのアーケードゲーム「iDOLM@STER」に関するプレイ記です。


2005/07/30(11-13)


 ネットにて情報を収集していたところ、好評稼動中! ナムコ「アイドルマスター」記者会見 石川氏「我々も手ごたえを感じているタイトルです」なるニュースが発信されていた。アイドルマスターを目指す見習いプロデューサーとしては、見逃せない内容である。それにしても、あずさがパンモロしている画像は、凄いインパクトがあるな。プロデューサーレベルが上がれば、こういうパンチラ、パンモロ画像が待ち受け画像に収められるのか。ところで小山順一朗プロデューサーって、うちの事務所の高木順一朗社長に似てるなぁ。

 以下、覚え書き。
 上述のニュースを読むと、各アイドル毎にテーマ曲が決まっているという。全キャラ共通は「THE IDOLM@STER」で、あずさは「9:02pm」。2曲目はこれを選択するか。
 オーディションの思い出スロット。スロットのスピードは、そのオーディションでの使用1回目、2回目、3回目の順に早くなっていく。グッドとバッドの比率は、高テンションだと3:1、普通だと1:1、低テンションだと1:3。
 手引き書の裏面にあるバーコードの数字が、7657657654649(ナムコナムコナムコよろしく)。言われるまで、全然気が付かなんだ。


 最近、携帯電話にあずさからのメールが届くようになった。そういえば、数週間前にこちらのメアドを教えたっけ。メアドを教えたのが、まるで昨日のことのようだ。「あんな事やこんな事を伝えられる文明の力は凄い」などと、とても20歳の女性が書いているとは思えない思索的な内容だ。あと向こうの都合により、こちらからの返信はダメという。一体どういう都合だろう。まぁ筆無精ならぬメール無精な自分にとっては、一方通行で済むのはありがたかったりする。それにしてもあずさのメアド、一体何にちなんでこんなアカウントにしたんだろう。


第11週(残12週)

<オフィス・朝>
 「おっはよっ、あずさっ」と、呼び捨てで挨拶。「おっはよっ、プロデューサーさん、うふっ、マネしちゃいました」と、気軽に返してきた。以前、「呼び捨てはやめませんか?」と嫌がっていたのは一体何だったんだろう。それとも「あずさっ」の「っ」の部分は、あずさ的には敬称なんだろうか。
 今日は天気がいいので、公園の芝生で昼寝をしたいという。確かに天気はいいが、連日30度を超す猛暑なんで、素人にはあまりオススメできないな。いや、もう素人から「一部で人気のアイドル」に昇格していたっけ。
 社長から流行を聞いたところ、ボーカルが主流で、17万組とかとんでもない数になっていた。えっ、いきなりアイドルの数が増えたな〜と思ったら、筐体が通信オフの状態だった。な〜んだ。ということは、765としては主流が17万組くらいに達することを目論んでいるわけか。

<レッスン>
 ダンスを選択。レッスンを1回ブッチしての「ノーマルレッスン」。もう、レッスン1回分をサボることを前提でゲームを進めている感じである。
 レッスン後、あずさが「もうすこしだけ、踊っていたかったような」と漏らしていた。だったらレッスンをサボんなよ。

<コミュニケーション>
 「ランクアップ」一択だったので、これを選択。
 あずさが、高校時代の友達から「地元の新聞で見た」という連絡が入り、これもEランクアイドルになれたおかげですね〜とか切り出してきた。「Eランクアイドル」という単語は、会話内で普通に使える言葉だったのか。それにしても、地元出身アイドルとはいえ、駆け出しのEランクアイドルを記事にするとは随分変わった新聞だ。そう聞いてみると、その新聞は、変なニュースばかり扱うことで有名だそうな。あぁ、なるほど。テレビで歌詞をど忘れしたり転倒しまくるのに、仕事やファンが増えまくっている不思議なアイドルだからな。そういえば、あずさの地元って一体どこだろう。アイドルに付いて11週間も経つのに、出身地も聞いていないとは、私も随分、天然だな。後で履歴書を見れば一発で分かるのだが、本人が目の前にいるから聞いてみる。電車で4時間程の小さな町だという。電車で4時間というと、オール各駅停車と新幹線では距離が随分違ってくるのだが、まぁいいや。トップアイドルへの道はまだまだ遠く険しいが、故郷に錦を飾れるよう、地道に頑張ってもらいたい。しかし実家の両親は、あずさがアイドルを続けることに反対で、母は早く片づいちゃいなさいと漏らしているという。アイドルになることを反対する部分は分かるが、結婚軽視はいただけない。そう話すと、あずさは「私と同じ考え方ですね」と喜んでいた。
 結果は「パーフェクトコミュニケーション」(思い出+5/ストック10)。ようやく初のパーフェクトを記録。あずさって思考を読みやすいと思っていたが、天然なせいか、逆に考え方を読みづらいよな。

<オフィス・夜>
 通信オフでもファン人数は増加するが、順位が?位になってしまうのか。順位が分からなくてもゲームに直接影響はないが、上にいる人が全体でどれくらいいるかの目安にはなるから、表示されないと少し不便だな。

  • ファン人数:1万0824人
  • ファンからのプレゼント:うさアンクル(130)


第12週(残11週)

<オフィス・朝>
 「おっはよっ、あずさっ」でテンション維持。効果音はテンションがアップしているように聞こえるのだが、仕組みがよく分からんな。
 今日も好調なあずさが、雑誌の占いでも好調で、仕事運も良いとか言っていた。あずさ、占い好きだったのか。「趣味:犬の散歩」のはずだが、このネタについてはここまで一切触れられて無いな。その後、占いについて話が弾んできたところ、社長が「オホン!」と横槍を入れてきた。黙ってろヒゲ。
 ヒゲによると、今の流行はダンスが主流で17万組。おぃおぃ、先週から10万組くらい増えてるじゃんか。そんな一斉に乗り替えるもんなのか。

<レッスン>
 ボーカルトレーニングを選ぼうと思ったが、レッスン場が3つも臨時休業中。しょうがないのでボイストレーニングを選択。
 いつも通りレッスン1回分をブッチされての「ノーマルレッスン」
 レッスン後、あずさが「もうすこしだけ、歌っていたかった」と漏らしていた。だったらサボんなよ。

<コミュニケーション>
 「雑誌取材(期待の新人)」を選択。
 今日は売れないマイナー女性誌「月刊ビオラ」の取材である。どうせ大して売れてない雑誌だから気楽にしているよう話したら、あずさがとても好きな雑誌であるという。「月刊ビオラ」、少数のニーズに応えた面白い雑誌だよな。あずさは「月刊ビオラ」の占いコーナーが好きなようで、どうやら今朝の占いの話はコレの伏線だった模様。女性らしい本も読むんですね〜と話したら、「私には不似合いですか?」と返してきた。だから何でそうネガティブな取り方するよ。今月号の人相占いには、ここの細い人が良いと書かれていたそうで、どこだか当てて欲しい様子。最初ウェストかと思ったが、そこは人相じゃねぇな。ここがどこだか分からんので、アゴの辺りかと思ったが、別の所だった。その程度のことぐらい素直に教えろよ。来月の占いを聞いてもいいか聞かれたので、恋愛運でも聞くのか? と問うたところ、少しも興味が無くて....と言いつつ、うろたえまくっていた。このうろたえぶりと表情は、ちょっと萌えた。しかし顔を赤くして、取材を受けに行ってしまった。聞かないのが礼儀だったかな。ちなみに雑誌の取材がどうなったかは知らんがな。まぁマイナー雑誌だし。
 結果は「ノーマルコミュニケーション」(思い出+1/ストック11)。

<オフィス・夜>

  • ファン人数:1万0890人
  • ファンからのプレゼント:なし


第13週(残10週)

<オフィス・朝>
 う〜ん、遅いな。これはまさかドタキャンか、と思っていたところ、あずさ到着。休みかと思ってホッとする。いやあずさの行動を考えると、休みよりも迷子の方を先にイメージしそうなもんだが。いつもの挨拶「おっはよっ、あずさっ」で、いつもと変わらずテンション維持。しかしレッスンを考えると、テンションを下げた方が良いのだろうか。
 流行はビジュアル主流で12万組。通信オンの状態で、これだけの数値が出るほど、このゲームが流行ることを祈るか。
 流行を見ていたら、「気になるアイドル」→「一部で人気のアイドル」というイメージダウンが生じた。あれ? 確か今の段階で「一部で人気のアイドル」だと思っていたが、いつの間にイメージレベルがアップしていたんだ? 11週目か12週目のレッスン時、レベルアップしたのを見逃していたのか? それはさておき、そろそろデビュー曲が飽きられてきたのか。曲を決めてからおよそ10週だから、飽きが来るのも納得か。とりあえず、曲のイメージばかりに頼らず、地力も上げておかないと。

<レッスン>
 ボーカルレッスン。レッスンをブッチされなかったおかげで、初めて「グッドレッスン」の評価獲得。やはりある程度の力を付けると、伸びしろが増える感触がある。
 イメージレベルがLV5にアップし、「一部で人気のアイドル」→「気になるアイドル」へ昇格。

<コミュニケーション>
 「ある日の風景2」を選択。
 事務所にて、あずさが「学生だった頃、教室で占いっこすることありました?」とか聞いてきた。普通、男子同士で占いっこすることはあまり無いな。一体何の前フリかと思ったら、あずさが私のことを占ってくれるという。健康運、金運、仕事運、恋愛運、一体何の運勢を占ってくれるか知らないが、まぁ占ってもらうか。あずさ曰く「森の散歩・占い」。「森の散歩・占い」の「・」が気になるな。「森を歩いていると、前から動物がやってきました。どんな動物でしょう。」森で出会う動物といったらクマだよな〜と思ったが、「リス/タヌキ/コモドオオトカゲ」から選んで下さいと制限されたので、森で一番出会いそうなタヌキを選択。つか「森で出会う動物」に対して「コモドオオトカゲ」と答える奴は頭がどうかしていると思う。「その動物が何かをプレゼントしてくれました。何をプレゼントしてくれたでしょう。」木の実かな〜と思ったが、これも回答が制限されてしまった。しかし選択肢が「宝くじ」とか非現実的なものばかりだったので、唯一現実的な「動物の身体そのもの」を選択。てかまともな選択肢を用意してくれよ〜とあずさを見ると、目を見開いて固まっていた。
 占いの回答編。出会う動物は、質問をした人をどう思っているか。動物がプレゼントしたものは、もらいたいもの。あずさ、それは占いじゃなくて、心理テストじゃねぇか。それはさておき、てことは、あずさをタヌキのように見ていて、身体が欲しいという訳か。あ、当たってるかも。しかしあずさは占いが失敗したとか何とか支離滅裂。「タヌキを酷い目にあわせるのは良くないですよね」と、よく分からないことを言い始め、「私はタヌキですから」と慌てて取り繕い始めた。小動物のように後じさりつつ「高校の同級生に占いの上手い子がいるので、その人に占ってもらいましょう」と一言残して、事務所の外へ出て行ってしまった。
 その後一週間程、あずささんがおびえたような表情で私を見るようになりました。チキショウ、占いなんて大嫌いだ。
 結果は当然「バッドコミュニケーション」(思い出0/ストック11)。バッドコミュニケーションだと、テンションも下がるのか。

<オフィス・夜>

  • ファン人数:1万0971人
  • ファンからのプレゼント:ミサンガアンクル(142)


 本日は早めにランクアップした余裕を、全てレッスンとコミュニケーションに充てた。しっかし曲の補正効果が、こんなに早く落ちるとは驚いたな。まぁ円形パラメーターを見れば、各能力ごとに地力と補正分が分かるから、曲の効果が落ちても大丈夫なように地力を鍛えておかないと。


 /  / 



アイドルマスター ファンサイトへホームページへ戻る