クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

『紋三郎稲荷』動画集

【『紋三郎稲荷』大雑把なあらすじ】
「紋三郎稲荷」とは、
今の茨城県笠間市にある笠間稲荷神社の通称。

常陸国笠間藩を治める牧野家の家臣・山崎平馬が
寒い日に遠出をするので、防寒具の一つとして
狐を一匹まるごと使った毛皮を身に付けて出発する。
平馬は道中、客待ちをしていた駕籠屋の駕籠に乗る。
駕籠の中で平馬がうたた寝していると、
狐の毛皮の尻尾が駕籠からはみ出してしまう。
これを見た駕籠の担ぎ手2人が、
平馬の正体は狐ではないかと話し出す。
駕籠の中にいた平馬はこれを聞いて、
毛皮の尻尾を動かしたり、いなり寿司を食べたりする。
平馬が自分を狐が化けている存在のように演出した結果、
駕籠屋は平馬を紋三郎の眷属であると信じ切る。

駕籠が松戸の宿に到着する。
平馬が泊まる宿の主人は、
笠間稲荷の敬虔な信者であった。
駕籠屋は主人に、
平馬のことを紋三郎の眷属であると伝える。
これを聞いた宿の主人は、
平馬を紋三郎の眷属と信じて、恭しくもてなす。
この対応に平馬は、
駕籠屋が宿の主人に吹き込んだことに気付く。
さらに近隣の者が宿に大勢集まり、
参詣を望んでいるという。

紋三郎稲荷 - Wikipedia



柳家小せん

音声のみ。

紋三郎稲荷 五代目柳家小せん(25:28)



ホームページへ戻る

YouTube落語リンク集トップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ