クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

『紫檀楼古木(紫檀楼古喜)』動画集

【『紫檀楼古木(紫檀楼古喜)』大雑把なあらすじ】
狂歌師の紫檀楼古木は羅宇問屋を営んでいたが、
番頭に商売を任せきりにしたところ失敗し財産を失う。
零落した古木は、羅宇屋で生計を立てていた。
(*羅宇はキセルの部位)

古木がある邸宅で女中に呼び止められ、
キセルのすげ替えを頼まれる。
古木はこれを手入れし、
最後に自分で一度吸ってみて確認をする。

手入れされたキセルを御新造が早速吸おうとすると、
女中は羅宇屋がキセルを吸ったことを話す。
御新造が窓の下から羅宇屋を見ると、
汚らしいむさいお爺さんであることを確認し、
女中と共に悪口を言い合う。

悪口が聞こえた古木は狂歌をしたため、
女中を介してこれを御新造に渡す。
御新造は文字が綺麗であることを褒めつつ、
書かれた歌を読んでみる。
「牛若の御子孫なるか御新造の我をむさしと思い給ふて」
むさいと評したことを見事な歌にしてきたことに、
御新造は感心して返歌を詠む。
「弁慶と見たはひが目かすげ替えの鋸もあり才槌もあり」
受け取った古木は、自分の持つ道具を弁慶と
引っかけたいい歌だと感心し、さらに返歌を詠む。
「弁慶にあらねど腕の万力はきせるの首をぬくばかりなり」
受け取った御新造は、歌の最後に「ふるき」の文字を見て、
羅宇屋が自分の主人の歌の先生の先生であることに気付く。



三遊亭圓生

音声のみ。

「紫檀楼古木」 三遊亭圓生(29:11)


三遊亭圓生

音声のみ。

三遊亭圓生 「紫檀楼古木」(28:18)



ホームページへ戻る

YouTube落語リンク集トップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ