クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

『鹿政談』動画集

【『鹿政談』大雑把なあらすじ】
奈良において鹿が神獣とされ、
どのような理由であれ
1匹殺せば死罪とされた時のこと。
豆腐屋の老夫婦が朝の支度をしていると、
1匹の犬が商売物を盗み食いしていた。
老夫・与兵衛が薪を投げてこれを追い払おうとする。
ところが追い払うつもりで投げた薪が命中し、
犬は倒れてしまう。
しかもよく見ると、倒れたのは犬ではなく鹿であった。
慌てて手を尽くすが鹿はそのまま死んでしまう。
与兵衛はお白州へ引き出され、裁きを受けることに。
裁きを行う者は名奉行・根岸肥前守で、
老人を死罪にするつもりはなかった。
刑を免じる意図で生国や病を尋ねるが、
与兵衛は嘘偽り無く答えてしまう。
奉行は与兵衛とのやり取りで思案の後、
死んだのは鹿ではなく犬という扱いにしようとするが、
鹿の守役・塚原出雲がその裁きに待ったをかける。

鹿政談 - Wikipedia



蜃気楼龍玉

音声のみ。五街道弥助時代。

鹿政談 蜃気楼龍玉(18:13)



ホームページへ戻る

YouTube落語リンク集トップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ