クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

『鴻池の犬』動画集

【『鴻池の犬』大雑把なあらすじ】
ある商家で、丁稚が捨てられていた子犬を拾う。
子犬は真っ白、ぶち、真っ黒の3匹いた。
丁稚は真っ黒いのを気に入りつつも、
3匹とも商家で育てることに。
ある時、3匹の子犬が遊んでいたところ、
このうちの真っ黒の子犬を引き取りたいと願い出る者がいた。
商家の主は断ろうとしたが、
相手は今橋の豪商・鴻池善右衛門の使いの者であった。
使いの者は、鴻池の坊っちゃんが可愛がっていた黒犬が死んだこと、
気落ちした坊っちゃんが病に伏したこと、
故に黒い犬が欲しい旨を説明する。
商家の主はその説明に納得して、
黒い子犬は鴻池にもらわれていく。

黒犬は鴻池家で大事に育てられてすくすく成長し、
周辺地域の顔役として犬達から慕われ頼られる存在となる。
ある日のこと、近所に見慣れない
骨と皮だけのやせた犬が来て喧嘩が発生する。
黒犬が仲裁をした後、痩せ犬の事情を聞く。
痩せ犬はある商家で育てられていたが、
悪事を働いたため捨てられてしまったという。
その商家で飼い始められた頃は3匹いたが、
黒い犬は金持ちの商家にもらわれ、
白い犬は交通事故で亡くなったと話す。

鴻池の犬 - Wikipedia



桂枝雀

音声のみ。

鴻池の犬 枝雀(32:05)



ホームページへ戻る

YouTube落語リンク集トップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ