クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

『甲府い』動画集

【『甲府い』大雑把なあらすじ】
江戸の豆腐屋で、おからを盗み食いした男が店の者に捕まる。
男は善吉といい、豆腐屋の主人に身の上と経緯を話す。
善吉は甲府の出で、早くに両親を亡くし、
おじが親代わりとなって育ててもらった。
いつまでもおじの世話になっていてはと思い立ち、
餞別のお金をもらいつつ、
途中、身延山に三年は帰らないと願掛けをし、
江戸にやってきた。
しかし江戸に来て早々すりに遭って一文無しになり、
宿にも食事にも事欠くこととなり、
おからを盗み食いしたという。

話を聞いた店の主人は、
身延山で願掛けをしたというくだりから
同じ法華宗(日蓮宗)の者だからと、
善吉を許して食事を与える。
食事の後、善吉に国へ帰るよう諭すが、
善吉は願掛けをしたので三年は帰れないと聞かず。
それならばと主人は自分の店で働くことを勧め、
善吉は豆腐を売り歩く仕事をすることに。
善吉は真面目によく働き、
如才無く立ち回ることで子供や女性からの受けが良く
豆腐屋の繁盛に一役買う。

三年の月日が経つ。
主人は奥さんに、善吉を雇った目に狂いはなかったと話をするうち、
善吉は娘の結婚相手に良いのではという話に。
娘は既に善吉に惚れており、
仕事一筋の善吉に是非を問うと、
善吉はこの申し出を受け、二人はめでたく結ばれる。



古今亭志ん朝

音声のみ。1981年4月の一席。

古今亭志ん朝:甲府い:1981年4月(27:04)


三笑亭可楽

音声のみ。

「甲府い」三笑亭可楽(九代目)(19:43)


三葉亭冷奴

2012年3月31日、練馬区立関高齢者センターでの一席。

落語 『甲府い』 四代目 三葉亭冷奴 〔動画〕(21:20)



ホームページへ戻る

YouTube落語リンク集トップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ