クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

第3回関東指オープン

このページの内容は、「近況報告」の内容を抜粋したものです。


1998/09/23
第3回指オープンに参加。会場の名前が「物語Bar 狐の木」というので、ちょっと気にはなっていたが、実際に到着すると本当にバーだった。バーという空間は、少人数でゆったりすることが本来の目的である。しかし今回のクイズイベントには110人という、主催者ですら想像しなかった参加者が集まり寿司詰め状態。主催者のダンサー玉山さんが取った会場ということで、休み時間中に建物内を徘徊すると、地下に演劇用舞台があった。納得。
主催側によるドリフを模したコントで会場が暖まったところで、早速1回戦。各組11人→6人の1○1×。私は7組目で、秋田さん、丸山さんが抜けた後、「アポロ計画で打ち上げられたロケットは1号から何号」という内容の問題で「17号」を正解して勝ち抜け。
2回戦は、1回戦勝者は同じ組で各組6人→4人、1回戦敗者は各組6〜7人→2人で2○3×。皆の押すスピードが早く、早押しの遅い私には苦しい展開。ここでも秋田さんがトップで抜け、2番手には東洋大の吉田さんが勝ち抜け。さらに2人がリーチをかけた状態というのに、正解どころかまだ1回も解答権を取っていなかった。その窮地で「切手をアルバムに貼るために使う、片面にノリが付いている紙」という、フィラテリストには願ってもないチャンス問題で「ヒンジ」を正解して1○。その後調子に乗って1×するも、「ミノ、ハチノス/」で「牛」を正解してどうにか勝ち抜け。
3回戦の3○3×は、2回戦において勝ち抜けに要した問題数ごとに組分け。当然、少ないほど有利な条件の組に入れる。で、当然のことながら、私はえらい問題数を要したので、10人→3人の厳しい組に。オマケにここまで来るとスピードについていけない。「なめとこ山」を何とか正解して1○とするが、勝ち抜け、リーチが続々と出る。このままじゃダメだと速攻に転じるが、自分のプレースタイルに合わんことをしてもロクなことにはならず玉砕
この後、裏街道(4○3×)、準々決勝(5○3×)、敗者復活、準決勝(ネオサバイバル)と続く。途中の敗者復活では「実際にやってみろクイズ」が再登場。「会場内にいる人の中で、10年後のハゲ東西横綱を言ってください。」に立候補するが、菊地晃史さんに取られて復活ならず。まぁ、私が誰と誰を指名する予定だったのかは闇の中へと。
決勝は8○5×。ここまで残った上野さん、大村さん、日高、森田さんにより、速攻の勝負が繰り広げられた。その中で日高が常に他の3人から一歩リードを保ち続け、最後は「松茸!!」と大絶叫。念願かどうかは知らないが、オープン大会初優勝を手にした。
大会の性質上、ルールと問題は非常にシンプル。シンプルだけれど面白い。それは主催者の方が、参加者の望むこと、そして自分達が望むことをしているからだと思う。


クイズ大会イベント報告へ戻るホームページへ戻る