クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

「クイズ王のネット浸透度」

  インターネットを介しての活動で、実名のままデカデカとページを運営しているサイトというものは、ホンの一握りである。全体では一握りなのだが、ことクイズ情報ページには、私・鈴木舟太も含めて、本名をまんま名乗っているサイトが意外と多い。また、日記系統や体験記系統のページなどにも、別名ではなく実名を掲載していることも同様である。
  全体からすると、「本名だけでも、個人情報を流せば何かコワいことに使われる」という畏怖の意識や、「もう一人の自分を演じたい」という現実逃避変身願望など、理由はさまざまであるが、要は「表立って本名を使って、不利益を被るのがヤダ」という向きであろう。
  これに対しクイズプレイヤーの場合、クイズ番組において別名を使うことはまず無く、大方が本名を使う(or使わざるを得ない)。それに倣うかのように、オープン大会でも本名を使うことが主で、中には「偽名は不可」と、はっきり明示している場合も多々ある。

  そうした要因のためかクイズプレイヤーは、本名を名乗る人がほとんどいないネット上であっても、実名(または個人を特定できるニックネーム)で明記されることがほとんどである。このため、全文検索型サーチエンジンでクイズプレイヤーの名前を入れると、本人について記述されているサイトが10件、20件とヒットすることが、そんなに珍しくなかったりするのである。
  それでは研究のハク付けとして御都合的によく用いられる、対象比較を行う。クイズプレイヤーと、クイズに関係ない身近な人の実名をサーチして、果たして何件ヒットするのか。なお今回の実験レポートには、「鈴木舟太」以外の実名を記載しないことをお断りしておく。


実験日:1999年10月某日
実験方式:複数の全文検索エンジンを一括してチェックできるサーチツールを使用し、人名をキーワードに入力した際、ヒットした件数を結果とする。

結果
対象ヒット数
鈴木舟太の弟10件
鈴木舟太の姉A0件
鈴木舟太の姉B3件
鈴木舟太の母119件
鈴木舟太の父1件

  名前の都合上、鈴木○○○で大量にヒットした母以外、軒並み低い。母についてはメンド臭かったんで全部チェックしなかったが、残りは全て同姓同名の別人についてのサイトであった。恐らく、普通の人間を検索しても、大部分はこのような結果になるだろう。 では、それと同じ家族であるクイズプレイヤーはどうか。

対象ヒット数
鈴木舟太260件

  この260件のうち、4分の1は自分のページをヒットしたものだが、一般市民にしては驚くほど多いヒット件数であり、下手な芸能人を軽く越えるヒット数となった。(なお「舟太」だけで検索すると、ゆうに300件を越える。)私の場合、ネット上で色々とバカをやっているためにヒット数が増えていることも考えられるが、サーチエンジンでクイズプレイヤーの名前を入れると結構なヒット数が得られることは間違いないであろう。


  前振りが長くなったが、本題に移そう。果たして、テレビ番組において人々を魅了した「クイズ王」を全文検索にかけると、一体どれだけのヒット件数が記録されるのか?

その結果は以下の通りである。

クイズ王ヒット件数
ウルトラ6500以上
ウルトラ16500以上
FNSC148
ウルトラ4(旧姓)132

  まずこの上位グループは、「鈴木舟太の母」同様、名前の都合により別人が大量にヒットしてしまった。残念ながら、考察においては除外せざるを得ない部分であろう。
  ちなみに「ウルトラ4(旧姓)」のクイズ王は、なぜか「月刊ホテル旅館」が山のようにヒットしたのだが、勤め先なのだろうか。

クイズ王ヒット件数
ウルトラ15123
ウルトラ13104
FNSG287
ウルトラ782
ウルトラ272
史上最強2etc.59
FNS2・445

  この第2グループは「ウルトラ7」のクイズ王以外、ほぼ本人について言及されていた。特に「ウルトラ15」「ウルトラ13」のクイズ王は突出した人気を誇っている点から、実質的なヒット数トップ及び2位であると言えるだろう。と同時に、クイズ王の中でも、比較的クイズ界で大きな活躍をしているプレイヤーであれば、一般市民とは思えないヒット数を記録することが伺える。

クイズ王ヒット件数
FNS634
ウルトラ833
ウルトラ129
史上最強1etc.28
ウルトラ523
ウルトラ1122
ウルトラ1020
ウルトラ319
ウルトラ919
ウルトラ1219
FNS119
ウルトラ1417
ウルトラ416
FNS515
FNS311
FNS7
FNSG1

 物事には表もあれば裏もあり、あまた存在する王様の中でも、注目される者とされない者がある。特に、下位4名をFNSのクイズ王が占めてしまったのは、無情なる結果を残した。
  これは私見であるが、「ウルトラ1」「史上最強1etc.」のクイズ王のヒット数がこれだけというのは意外であった。


  結果としては、クイズ界での活躍や人気によってヒット数が比例してはいるものの、一般市民としては多めにサーチヒットすることが裏付けられたと言えよう。

  さて、サーチエンジンを、このように一風変わった形で使用すると、今まで触れることの無かったジャンルのページが見られ、とても興味深かった。実験中、サーチエンジンでヒットしたサイトのうち、「クイズ王はどこだ?」と、ちょっと探したくなるようなページを、以下に特記した。これらのページのどこに、どのクイズ王の氏名が存在するのか、暇なときに探してみるのも一興かと。

漫画による地域づくり

海と風が教えてくれた

第85回応募演題一覧

鶴岡君一時帰国歓迎会

びわこの選手

おおきな木

Answers for #36

品川技報

(日記)

一般科目教職員

メガネくんBBS

八田研の学生の紹介

過去のフォーラム・シンポジウム

死語?! 人物編

生体報告書

BOOMERS WORLD

(リンク確認:2000/01/05)


よろしければ感想を、伝言板なりメールなりでお送りいただければありがたいです。

鈴木舟太のクイズ研究会のページへ戻るホームページへ戻る