クイズ番組メモ地理クイズ漢字クイズ百人一首クイズ世界遺産クイズコスプレギャラリーYouTube落語集シンデレラガールズアニメ漫画データらき☆すたなめこのおさんぽクイズやさしいね超問!真実か?ウソか?難読漢字問題集にゃん歩計

なぞなぞ「カバの兄弟ゲンカ」の正解を求めて


  2002年の6月頃からだろうか。ネット上で、こんななぞなぞが流行った。


「豚が離婚するお菓子はとんがりコーン。
ではカバの兄弟がケンカをしているお菓子は何?」



  「ブタ→とん、が→が、離婚→りコーン」と、なぞなぞの前フリが綺麗な流れになっているのに対し、本題である「カバの兄弟がケンカ」の部分については、様々な解釈がなされた。このことから、上述の問いは元々「豚が離婚するお菓子は何?」「答:とんがりコーン」という完成されたなぞなぞに、後付けで誰かがくっつけたのではないかと推測されている。
  なぞなぞの成り立ちはさておき、前フリの完成度の高さから、このなぞなぞにも“完成度の高い”“納得のいく”解答が用意されているものと思うのは当然のことであろう。ところが現状では、どうひいき目に見ても“完成度の高い”“納得のいく”解答は導き出されていない。このことから、このなぞなぞには誰もが「おぉなるほど」と頷く解答は用意されていないと推測するのが自然であろう。
  ところが、完成度の高い前フリに対し、色々な解釈が成り立つ完成度の低い本題という落差のためか、ネット上では「これが正解だ!」という、様々な説が提唱された。それと同時に、真の正解を知りたいがために、2ちゃんねるは言うに及ばず、そこら中の掲示板に質問をしまくる教えて君が後を絶たなかった。この結果、このなぞなぞがネット上で異常に広まることとなった。もちろん、これまで記述した通り、誰もが納得のいく完成度の高い説は、今のところ提唱されてはいない。
  今回の報告では、このなぞなぞに対する“有力な正解説”をまとめてみた。また提唱された説の対比として、“とても正解とは思えない説”も交えた。この中で、自分の納得のいく説を正解と考えてみてはいかがだろうか。


「ばかばかしい」説

  カバの兄弟→かばかば
  これがケンカをしているから文字がゴッチャ(逆さま)になり「ばかばか」
  これに「お菓子」の要素を加えると「ばかば菓子い」
  よってカバの兄弟ゲンカは「ばかばかしい」となる。

(舟太)なぞなぞ中にある要素のみでキチンと収拾が付けられており、また教訓めいた形の解答から、私の中では一番有力な説。ただ前フリが「とんがりコーン」と既存のお菓子なのに対し、本題が「ばかばかしい」ではおかしいと考える人が多いのも確かである。


「スイカバー」説

  カバは漢字で書くと「河馬」
  「河」の字のさんずいは「水」を源流とする偏である
  よって「河」→「水」+「可」
  カバがケンカをしたことにより文字がばらける
  「水」+「可」+「馬」→「スイ」+「カ」+「バー」
  よって「スイカバー」というお菓子が正解

(舟太)一見するとかなり完成されており、最も正解に近いと思われている説。しかしこの説では「兄弟」の要素が抜けている。「カバがケンカをしているお菓子」でも問題が成り立つのに、本題には「兄弟」が入っているのはなぜだろうか。ただ、もともと完成度が低いなぞなぞだけに、問題作者が意味もなく「兄弟」を文中に含めただけとも推測できる。


「かっぱえびせん」説

  カバの兄弟を「A」「B」とする
  兄弟がケンカをする→「戦う」
  「カバ」+「AB」+「戦」→「かっぱえびせん」
  よってお菓子の「かっぱえびせん」が正解

(舟太)「スイカバー」説の弱点を補い、かつ完成度が高い説。ただ完成度に比べ、賛同者が少ない辺り、説得力に欠けている感は否めない。やはりなぞなぞの本文が「カバ」ではなく、最初から「カッパ」であっても何ら問題がないのは痛い。むしろ「かっぱえびせん」が正解なら「カッパの兄弟が〜」という出題の方が自然である。また兄弟が唐突に「AB」となるのも、なぞなぞとしてはいただけない。


「蒲焼さん太郎」説

  1.
  兄弟ゲンカによって、兄が弟にヤキを入れる
  兄だから名前は「太郎」
  これらの要素に合うお菓子といえば「蒲焼さん太郎」
  よって「蒲焼さん太郎」が正解。

  2.
  兄弟ゲンカで、長男と次男が三男である「三太郎」にヤキを入れる
  この要素に合うお菓子といえば「蒲焼さん太郎」
  よって「蒲焼さん太郎」が正解。

(舟太)この説は「カバ」に関連するお菓子として「蒲焼さん太郎」を先に挙げ、後から理由を取って付けたような印象が強い。それでもこの説を信じる人がいるようで、ダークホース的なポジションにある説。


「カバヤジューシー」説

  「蒲焼さん太郎」説同様、兄弟ゲンカで三男に「ジュー」っとヤキを入れる
  三男だから「C」
  よってお菓子の「カバヤジューシー」が正解

(舟太)「蒲焼さん太郎」説同様、正解を先に決めつけて、無理矢理当てはめた印象が強い。


「どでかばー」説

  ケンカをしたことで弟が激怒する→「怒弟」
  「怒弟」+カバ→「どでかばー」
  よってお菓子の「どでかばー」

(舟太)「スイカバー」説の弱点である「兄弟」の要素を満たした説。流れの強引さで押し切られそうな説だが、先に記述した説と比較して、パンチの弱さは否めない。やはり「怒弟」では説得力が低いか。


「キットカット」説

  「かば」→「樺」
  カバがケンカをしてバラバラになる「樺」→「木」+「華」
  「木」+「華」→「キ」と「カ」と→キットカット
  よってお菓子の「キットカット」

(舟太)展開が「スイカバー」説と似ているが、使用した漢字が異なる説。なおキットカットのCMには「Have a Break」というキャッチコピーがあることから、「ケンカをやめよう」という意味合いも含まれているのでは、とも展開された。


「キシリトール」説

  キシリトールは樺(かば)の木から取れるから

(舟太)誰だよ、こんなクダラネェ説提唱したの。しかもどこがお菓子だよ。てめ〜は豚が離婚したお菓子を「トンカツ」とか脊髄反射で答えるタイプだろ。あ〜ん?


「かまぼこ」説

  河馬ボコ(かまぼこ)

(舟太)「キシリトール」以下。話にならない。


「バカ」説

  カバがケンカをして「バカ」
  「カ」は「菓」にかかる
  よって「バカ」

(舟太)ただ単に「またチェーンメールかよウゼェ」と思った人が、出題してきた人をあざける意味で「バカ」と言っているだけだと思われる。


「欠陥」説

  カバは血の汗を流すという俗説がある→「血汗」
  「血汗」→「欠陥」
  よってこの問題は「欠陥」問題である

(舟太)よってこの報告も終了


*まとめ*
  以上のように、明確な答えが用意されていない1つのなぞなぞについて、数多くの人が頭を悩ませ、数多くの説が提唱された。その中には目を見張る説もあるし、くだらないと一笑に付す説もある。しかしこれらの説を眺めていると、人間というのは色々な形で正解に辿り着こうと、試行錯誤する動物なのだということが改めて認識できる。どんな些末なことであっても、人間があれこれと思考することは、何と美しいことか。


追記
(2003/02/20)

  このレポートを公のものにしてから4ヶ月半が過ぎた。一時期よりは沈静化したものの、「カバの兄弟ゲンカ」問題は、今でもたびたび見かけることがある。大抵は上述した説が提示されるなどして収束しているが、私も知らなかった新説が一件見つかったので、これを追補する。また、「カバの兄弟ゲンカ」問題から派生したなぞなぞの中で、一つ、異常に広まっている問題があったので、これを取り上げる。


「カール」説

  「ケンカ」→「バトル」→「“ば”取る」
  「カバ」から“バ”を取る→「カ」
  「カ」だけがある→「カ」がある→かある→カール

(舟太)有力な説が出尽くした後に提唱されたせいか、奇をてらった感が強い。「ばかばかしい」説、「スイカバー」説を越える説を生み出すのはやはり難しい。


突然変異問題
「フグの兄弟がケンカをしたら?」について

  一時期爆発的に広まった「カバの兄弟ゲンカ」問題が収束に向かいつつある中、2002年の末頃から「フグの兄弟がケンカをしているお菓子は何?」という問題が広まり始めた。
  最初はただ単に「カバの兄弟ゲンカ」問題を揶揄して作られた問題かと推測したが、あることに気づいた。この2つの単語を漢字変換すると

カバ→河馬
フグ→河豚

となる。一文字目は同じ漢字で、二文字目は動物を表す漢字である。もともと「カバの兄弟ゲンカ」問題はチェーンメールの要素が強いネタである。だから問題が伝達される過程で「河馬の兄弟ゲンカ」と記されていた問題を、誰かが誤読して「河豚の兄弟ゲンカ」と漢字を誤って伝え、問題文が変わってしまったものと推測できる。つまり「フグの兄弟ゲンカ」問題は意図的に流布されたものではなく、河馬(カバ)が河豚(フグ)へと突然変異したものであると推定する。
  なお、なぞなぞ「フグの兄弟がケンカをしているお菓子は何?」に対する解答については、やはり二番煎じのせいか、まともなものはおろか、「キシリトール」説並みの解答すら提唱されていない。しかし「フグの兄弟ゲンカ」問題に対する解答として、「スイカバー」説を越える有力説が提唱される可能性は、ゼロではない。


よろしければ感想を、伝言板なりメールなりでお送りいただければありがたいです。

鈴木舟太のクイズ研究会のページへ戻るホームページへ戻る